読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚活黙示録ワタシ

婚活の悪戦奮闘記、になる予定。

C君

この方とは、店舗での引き合わせで会いました。 なかなかコンタクトが成立せず、グチをこぼしていた私のために、コンシェルジェさんが探してきてくださったお相手です(⌒-⌒; ) C君は、会った瞬間、聡明さが伝わってくるようなお顔立ちの男性でした。なんていうのかなー、前頭葉が出っ張ってて、唇が薄く、キュッと口角が上がったお顔です。職業は理系の研究職で、イメージにぴったりの外見でした。 C君は結構よくしゃべるタイプらしく、自分主導で会話を進めていきます。プロフィールを見ながら、気になるところを私に質問し、自分の趣味や仕事なんかについても、私が聞く前に自分でどんどん話していきます。 会話の流れとか、考えなくていいので、楽は楽なんですけど、なんというか一問一答で…まるで、就職の面接を受けているみたいでした。 あとこの方、理系男子らしいと言えばらしいんですけど、自分が気になったことはとことん突っ込んでくるタイプらしく、私がプロフィールに書いていた趣味にに対して、「それって必要なんですか?」、「〜で十分じゃない?」的なツッコミを入れられまして…。そりゃ、そうかもしれないけど、それを言っちゃあ身も蓋もないよーと、叫びたくなる(´Д` ) こういうとき、とっさにその場を穏便に済ませようとしちゃうタイプなので、とりあえずこちらが折れる形で、笑顔でやり過ごすものの、私の中に溜まっていくイライラ感。 C君みたいな人、私の周りの理系男子には結構います。彼らは、ただ、自分の考えを言っているだけで、相手を批判するつもりなんて、きっと全然ないんです。実際、全く間違ったことを言ってる訳でもありませんし、男性同士の会話なら、あるいはラボの中なら、これで通用するんでしょう。 でも、会話の仕方ひとつとったって、場や相手次第で求められるあり方は違ってくるんじゃないでしょうか。 ある場所で通用するやり方が、他の場では全く通用しなくなることだってあるんです。 ここはお見合い、初対面の女性との会話の場。普段の自分の生活の中でのルールをそのまんま持ってきたって、それが上手く機能するとは限らない。 無難に共感や理解を示しつつ、ひとまずは相手の意見を受け入れる。これって、女性との会話に限らず、割と万人受けする会話術だと思うんですけど、女性慣れしてない男性って、できない人が本当に多いです。 C君は悪い人じゃないと思うけど、会話慣れしてなくて、余計な一言で墓穴を掘るタイプみたいですね。 きっと、優秀な方だと思うんですけど、なんだか会社の上司と話している気分で、どうにも異性としては見られそうにありませんでした。 せっかくコンシェルジェが引き合わせてくれたお相手ということで、一応はイエス回答し、お相手からもイエスを頂いたのですが、結局2回は会わないまま、自分からお断りしてしまいました。

Bくん

お久しぶりです、ワタシです。

ブログの更新が滞っていますが、婚活の方はぼちぼちと進めております。ただ、身バレの恐れを考えると、なかなか逐一現状をブログネタとしてアップすることが難しく、最近悩んでいるところでもあります。でも、やっぱりこのブログは続けていきたい。

この活動の終着点がどこなのか、自分みたいな人間に、心を通じあわせることができるパートナーができるのか、今の私にはわかりません。ただ、どんな道程になろうと、誰かに私の軌跡を見届けていただきたいのです。そして、このブログが将来、誰かが一歩踏み出す力になれば、万々歳です。

さてさて、今回はB君のお話しですね。はい。

配信されてきた紹介状の写真は屈託のない笑顔で、とても素直そうな男性だなーという印象でした。

コンタクト当日、遅刻して現れたB君は、写真よりも地味な印象ですが、落ち着いた雰囲気で悪い感じはしません。

すでにお店を決めていたようで、B君先導のもと、繁華街をテクテク歩いて移動します。

着いたのは商店街の中のドトールでした。週末で混雑する店内、できればもう少し静かなお店が良かったなー、なんて思いながらレジに並んで飲み物を注文します。

先に並んだB君、自分のドリンクを注文し、ちゃっかりTポイントカードでポイント貯めてます^^;

旦那さんとしては、こういうチャッカリしたところがある人もいいとは思うんですが、お見合い、初対面の女性の前、ということを考えると、正直、私、ちょっと引いちゃいました。価値観の違いなのかなー。

しかし、席に着いて話し出してみると、会話は結構弾んで、あっという間に1時間経過(o_o)

A君の時と比べると、かなり自然に会話のキャッチボールが成立しました。

B君はとてもおっとりした青年で、こういうパパ、週末の動物園に子連れで来てそう!と思わせる人です。

ドキドキはないけれど、この人と結婚したら、きっと穏やかな家庭が築けそうだな〜

コンタクト終了後、私はイエスの回答をしました。

そして、ありがたいことに、B君もイエス回答してくれたようで、無事に交際成立です。

次回はランチに行く約束をしました。

婚活と家族

最近は、結婚しても子どもを持たない人も沢山いますよね。

個人的には、身体が許すなら、自分の子どもを産んで育ててみたいし、家族を作りたいと思います。なので、私の場合、婚活は自分の家族を作るプロセスでもあります。

私は子どもの頃、自分の家族があまり好きではありませんでした。嘘や隠し事が多く、何となくまとまりがない感じがしていたからです。

だから、 家族が大好き! と自信を持って言える子、ご両親から愛情深く育てられたんだなぁ、というのが伝わってくる子は、私から見ると、なんだかキラキラして見えます。

将来、自分が家庭を持つなら、やっぱり、受容的であったかい雰囲気の中で育ててあげたいし、キラキラした子ども時代をあげたいと思います。

子どもの頃に親から無条件で受け入れて、愛された体験って、後々の人生、友だち作りにしろ、恋愛にしろ、ぜったい影響すると思うので。

できれば、子どもには婚活の苦労は味わわせたくない(⌒-⌒; )

そして、そんな家族を作るためには、夫婦の結びつきって、重要だと思います。お互いがお互いを思い合って、助け合えるような夫婦がいいなーと思うんですけど、果たして婚活で、そういうお相手に出会えるんでしょうか。婚活で結婚した人、今しあわせですか?

婚活雑感①

今回はちょっと辛辣、だけど、最近思うことです。

嫌な気分にさせたらゴメンなさい。

Aさんとのコンタクト後、コンシェルジェからの電話を受けて思ったこと。

婚活はよく就活に例えられますけれども、1回1回のコンタクトが採用面接だとしたら、そこで100%の実力を発揮できるようにコンディションを整えてくるのも実力の内だと思うのです。

面接で、今日は緊張していたからうまく話せなかっただけだ、もう1回目チャンスをくれ、なんて、通りません。 条件は、みんな一緒です。

婚活って、自分の人生がかかってるんだから、みんな必死なんです。私は、そんな大事な局面で、必死の努力ができない人と一緒に、人生を歩みたくありません。

Aさんとのその後

みなさん、こんにちは。

今回は、Aさんとのコンタクトの顛末ですね。

前回触れました通り、私からはノー回答でした。きっと、お相手もノーでしょう。なんだか違うなって感覚は、双方共有していたはずです。

ところが! その日の夜、コンシェルジェから電話が!

なんと、Aさん、イエス回答をしていたようです。

全く読めない人です…(ー ー;)

おそらく、彼、婚活歴が浅そうだったので、担当コンシェルジェからの指導が入ったのかもしれません。

迷ったらとりあえずイエス、と。

で、電話してきた私の担当コンシェルジェによると、Aさんはとっても緊張していたんだそうです。

つまりは、「ワタシさんにとっても初めてのコンタクトだし、生理的に無理じゃなかったら回答イエスに変えない?」との打診でした@_@)

私、こう見えても押しに弱いもので……ベテランコンシェルジェさんのトークに圧倒され、なんと、イエス回答するハメになってしまいました(⌒-⌒; )

と、言うわけで、一応初めての交際成立です。

私、普段はめちゃくちゃ可愛げない女なんですけど、なんかほんとに、グイグイ来る相手に厳格な態度が取れないんです。そのせいで、痴漢やらなんやら遭いやすいし…。

加えて、私、自分に全然自信がなくて、まさかイエスがもらえると思ってなかったから、気のない相手からでも舞い上がっちゃった感も否めません。

モテない女の悲しさーー(T_T)

自分で自分の価値を認められない女の子は、自分を安売りしがちなんじゃないか、と常々思います。

交際成立すると、お互いの本名や携帯電話番号なども公表しなくてはいけなくなるので、今後は自分を守るためにも、慎重に判断していきたいと思います。

初めてのお見合い

週末を利用して初めてのお見合いをしてきました。

コンシェルジェさんからの紹介があっても、なかなかコンタクトに繋がらず、やきもきしていたのですが、やっと婚活のスタートラインに立てた気持ちです。

PAでは、配信された紹介状を見て、お互いに会う意思を示すとお見合い成立となり、特に初回のお見合いのことをファーストコンタクトと呼んでいます。

私の初めてのお見合いのお相手はAさん、5歳ほど歳上の、理系の男性でした。

ドキドキしながら待ち合わせ場所に到着! 念のため、1時間早く現地入りして、お店の下見をします。

待ち合わせ時刻近くになったので、ベンチに座ってAさんを待っていたのですが…。予定の時刻を5分、10分過ぎても、Aさんは現れません( ? _ ? )

もしかして、もう来てる? と思いながら周りを見回して見ると…。 ん? それらしき人を発見! しかし、何やら電話をかけているみたいで話しかけづらい…😓 そして、向こうもこちらをチラチラうかがっている様子が…。しかも、なんだかニヤニヤ…。なんか、かんじ悪いです…(ー ー;)

気付いてるんだったら声掛けろやコラァっっっ❗️❗️❗️❗️

勇気を振り絞って、わたしから声をかけると、どうやら間違いなかったみたい。ファーストコンタクトセンターに電話していたようでした。コンタクト場所は私の地元で、Aさんは土地勘がないようなので、さっき下見したお店にお誘いしました。

んー、結果から言うと、この人は無理でした…。

身だしなみや見た目で生理的にムリ、というわけではないけれども、女性慣れしてない男性独特の、ボソボソした話し方、情緒表現の乏しさがどうにも気になります。

私、お相手のことをとやかく言えないくらい、男性慣れしてないし、緊張しいです。でも、せっかく休日に時間を割いて、お洒落して外に出てきてる相手に対して、精一杯のアピールをしたいとは思っています。

コンタクトの前に、最低限、話題をいくつか考えてくるとか、笑顔の練習をするとか、できなかったんでしょうか?

なんだか、一回目から気分が重ーいお見合いでした。

コンタクト前の期待値は下げておくのがベターですね。

ファーストコンタクトの回答は、コンタクトの翌日までにイエス、ノーで選択します。

極力、自分からお断りはしない、という方針だったのですが、実際Aさんと会ってみて、今後も継続的にこの人と連絡を取り合うことは考えられなかったので、ノーを選択しました。だって、イエスにしたら自分の連絡先公開しないといけないし。

先が思いやられるわー

婚活1か月目

みなさん、お久しぶりです。

年度末の業務整理に忙殺され、記事の更新がすっかりストップしていました。

婚活を初めてから約1か月ちょっと経ち、ブログ記事のネタも溜まってきたので、順次更新したいと思います。